J.S.A.ワイン検定とは

「J.S.A.ワイン検定」とは、ワインに興味をお持ちの方を対象に、ワインの普及を目的とした 一般社団法人日本ソムリエ協会が主催する検定試験です。
2012年に初めて「J.S.A.ワイン検定・ブロンズクラス」がスタートしました。
「J.S.A.ワイン検定」はワインに興味のある方向けのベーシックな内容です。
ワインライフを楽しみたい方や、ワインに興味がある方のための入門的な位置付けで、 20歳以上の方ならどなたでも受検できます。
講師は「J.S.A.ワインエキスパート」の有資格者が担当します。
検定はテキストより出題され、ワインテイスティングはございません。
当日の講習会で要点を学んでいただいてからの検定となります。
受検者は検定場所を選択できます。

合格者の特典

合格すると、以下のものが授与されます。

認定カード

 

認定バッジ

 

認定名刺

ブロンズクラス

入門編としてご家庭でワインを楽しく飲んでいただける知識を習得します。

ブロンズクラスには認定カードと利酒に使うタスト・ヴァンをかたどった認定バッジ。


シルバークラス

ブロンズクラス認定者を対象に、レストランでソムリエに相談したり、ワインショップでワインアドバイザーからアドバイスをもらいながら、好みのワインを選んでいくための知識を習得します。

シルバークラスには認定カードと利酒に使うタスト・ヴァンをかたどった認定バッジとシルバークラスの呼称が記載された名刺。